【超人気】仮想通貨のメタバース銘柄10選と買い方を解説

メタバース

【超人気】仮想通貨のメタバース銘柄10選と買い方を解説

仮想通貨のメタバース銘柄に投資したいのですが、どれに投資したら良いのか分かりません。

本記事ではおすすめの仮想通貨のメタバース銘柄を10銘柄紹介しています。

それをヒントに仮想通貨の本命のメタバース銘柄を見つけて下さい。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にメタバース銘柄について分かりやすく解説していきます。

仮想通貨のメタバース銘柄10選(一覧)

①Solana(SOL)
②XANA(XETA)
③EnjinCoin(ENJ)       
④Ethereum(ETH)
⑤Bloktopia(BLOK)
⑥StarAtlas(ATLAS)
⑦Everdome(DOME)
⑧TheSandbox(Sand)
⑨Decentraland(MANA)
⑩MyNeighborAlice(ALICE)

メタバースの市場規模は2026年までに500億ドルを突破とも言われているます。

今から仕込むのはアリだと思いますし、僕自身もメタバース関連銘柄に投資しています。

「仮想通貨・日本株・アメリカ株・ETF(上場投資信託)」別に知りたい方はこちら⇩

合わせて読みたい
【爆上がり前に仕込め】本命のメタバース関連銘柄3選
【厳選】本命のメタバース関連銘柄3選

続きを見る

メタバースを始めるには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

仮想通貨のメタバース銘柄10選(一覧)

①Solana(SOL)

Solana(SOL) メタバース
名称Solana(SOL)
総発行枚数511,616,946(5億1161万枚)
価格¥6,000
時価総額¥2,190,385,749,678
時価総額ランク9位
公式サイトhttps://solana.com/ja
公式Twitterhttps://twitter.com/solana
「出典元:CoinMarketCap

SOLは2020年4月にローンチされたレイヤー1の暗号資産です。

レイヤー1・レイヤー2とは?

レイヤー1はブロックチェーンのことです。例えばBitcoin、Ethereum、BNB Chainなどです。

レイヤー2はブロックチェーン以外のオフチェーンのことです。

SOLメタバースプラットフォームのPortals500万ドル(約5億8,000万円)をシードラウンドで調達したことを発表しています。

SOLの特徴

①レイヤー1のみで完結できる
②処理速度が速いのでガス代が安い
③ステーキングが可能

合わせて読みたい
【2022年最新】仮想通貨Solana(SOL)の将来性や買い方を解説
【2022年最新】仮想通貨Solana(SOL)の将来性や買い方を解説

続きを見る

②XANA(XETA)

XANA(XETA) メタバース
名称XANA(XETA)
総発行枚数5,000,000,000XETA
価格¥6
時価総額¥801,934,095
時価総額ランク2726
公式サイトhttps://xana.net/blog/
公式Twitterhttps://twitter.com/XANAMetaverse
「出典元:CoinMarketCap

XETAは久保武士さんが代表のNOBORDER.z(ノーボーダーズ)が開発しNFTマーケットプレイスのXANALIA Limited(ザナリア)が運営するメタバースプロジェクトです。

XETAの特徴

①Create to Earn(作って稼ぐ)
②ウルトラマンや鉄腕アトムとコラボ
③NFTDUEL(NFTトレーディングカードゲーム)で遊べる

青汁王子こと三崎優太さんも注目されています⇩

③EnjinCoin(ENJ)       

EnjinCoin(ENJ) メタバース
名称EnjinCoin(ENJ)  
総発行枚数1,000,000,000ENJ
価格¥75
時価総額¥70,125,102,038
時価総額ランク78
公式サイトhttps://ja.enjin.io/blog
公式Twitterhttps://twitter.com/enjin
「出典元:CoinMarketCap

ENJはNFTプラットフォームのEnjinPlatformで発行される通貨です。

EnjinPlatformではメタバースゲームのMinecraft(マインクラフト)がプレイできてNFT取引もできます。

ENJの特徴

①メルティングで不要なNFTをENJに戻せる
②P2E(PlayToEarn)で稼げる
③EnjinPlatformでNFTを制作・発行することができる

④Ethereum(ETH)

Ethereum(ETH) メタバース
名称Ethereum(ETH)
総発行枚数上限なし
価格¥250,000
時価総額¥30,847,516,843,862(30兆円)
時価総額ランク2位
公式サイトhttps://ethereum.org/en/languages/
公式Twitterhttps://twitter.com/ethereum
「出典元:CoinMarketCap

イーサリアムはメタバースを代表する基軸通貨と言っても過言ではないです。

後述するMANAやSandもイーサリアムブロックチェーンを使用しています。

Ethereum(ETH)の特徴

①スマートコントラクトとDapps
②ERC20トークンの発行
③PoWからPoSに移行

合わせて読みたい
【初心者必見】なぜイーサリアムの将来価格は1000万になるのか?
【初心者必見】なぜイーサリアムの将来価格は1000万になるのか?

続きを見る

⑤Bloktopia(BLOK)

Bloktopia(BLOK) メタバース
名称Bloktopia(BLOK)
総発行枚数199,868,396,351BLOK
価格0.5
時価総額¥8,958,991,775
時価総額ランク330
公式サイトhttps://www.bloktopia.com
公式Twitterhttps://twitter.com/bloktopia
「出典元:CoinMarketCap

BLOKはBloktopiaという全21階建ての高層ビルのメタバースプラットフォームの通貨です。

Bloktopiaでは不動産(REBLOK)や広告(ADBLOCK)で稼ぐことができます。

BLOKの特徴

①「学ぶ・稼ぐ・遊ぶ・作る」を体験できる
②Bloktopia NFTポータルというNFTマーケットプレイスがある
③ステーキングができる

⑥StarAtlas(ATLAS)

StarAtlas(ATLAS) メタバース
名称StarAtlas(ATLAS)
総発行枚数36,000,000,000ATLAS
価格¥0.8
時価総額¥1,920,531,429
時価総額ランク692
公式サイトhttps://medium.com/star-atlas
公式Twitterhttps://twitter.com/staratlas
「出典元:CoinMarketCap

ATLASのStarAtlasは2620年の宇宙が舞台のメタバースで行われるオンラインゲームの通貨です。

StarAtlasは人類が支配する「MUD」、異星人が支配する「ONI」、およびアンドロイドが支配する「Ustur」の3つに分かれています。

ATLASの特徴

①DAOによって運営されている
②Solanaチェーンで手数料が安い
③StarAtlasには2種類(ATLASとPOLIS)の通貨がある

⑦Everdome(DOME)

Everdome(DOME) メタバース
名称Everdome(DOME)
総発行枚数100,000,000,000DOME
価格¥0.3
時価総額¥36,441,696,711
時価総額ランク2751
公式サイトhttps://everdome.io
公式Twitterhttps://twitter.com/Everdome_io
「出典元:CoinMarketCap

DOMEのEverdomeは火星が舞台でドーム型の都市のメタバースプラットフォームの通貨です。

Everdomeでは3Dスキャンで自分そっくりのアバターを作れる。

DOMEの特徴

①「現実世界」か「仮想世界」か分からないメタバース
②3DNFTを作成する「Metahero」と3Dスキャナーが専門の「WDW(Wolf Digital World)」が協力している
③土地の入手・不動産の調達、賃貸、リース・広告を出す・マーケットプレイスなどのWEB3.0の体験ができる

合わせて読みたい
【超初心者向け】Web3.0とは?始め方・やり方・稼ぎ方を解説
【超初心者向け】Web3.0始め方・やり方・稼ぎ方を解説

続きを見る

⑧TheSandbox(Sand)

The Sandbox(Sand) メタバース
名称The Sandbox(Sand)
総発行枚数3,000,000,000(30億枚)Sand
価格170円
時価総額¥241,444,056,584
時価総額ランク37位
公式サイトhttps://medium.com/sandbox-game
公式Twitterhttps://twitter.com/thesandboxgame
「出典元:CoinMarketCap

SandはThe Sandboxで利用できるブロックチェーンゲームの通貨です。

SHIBUYA109エンタテインメント株式会社TSUBASA(キャプテン翼のコンテンツ)GUCCI (グッチ)などがThe Sandbox(Sand)の土地を購入したり提携しています。

The Sandbox(Sand)の特徴

①有名企業が投資している
②ゲームやアートを制作し販売できる
③メタバース上の土地「LAND」を提供

The Sandboxの土地のLANDの買い方はこちら⇩

合わせて読みたい
メタバースの土地の買い方や購入方法
【超初心者向け】メタバースの土地の買い方や購入方法を解説

続きを見る

⑨Decentraland(MANA)

Decentraland(MANA) メタバース
名称Decentraland(MANA)
総発行枚数28億MANA
価格¥130
時価総額¥258,664,139,653
時価総額ランク35位
公式サイトhttps://forum.decentraland.org
公式Twitterhttps://twitter.com/decentraland
「出典元:CoinMarketCap

MANAはVRプラットフォームのDecentralandで使用できる通貨です。

カナダの投資企業Tokens.comは2.88億円相当の土地116区画(6,090平方フィート相当)を購入しています。

Decentraland(MANA)の特徴

①Landを所有できる
AxieInfinityなどと提携している
③VRプラットフォームのDecentralandでNFTを売買できる

⑩MyNeighborAlice(ALICE)

MyNeighborAlice(ALICE)  メタバース
名称MyNeighborAlice(ALICE)
総発行枚数100,000,000ALICE
価格¥300
時価総額¥9,612,985,337
時価総額ランク314
公式サイトhttps://www.myneighboralice.com
公式Twitterhttps://twitter.com/MyNeighborAlice
「出典元:CoinMarketCap

ALICEは「あつまれ どうぶつの森」をイメージしたMyNeighborAliceのゲーム内で使用できる通貨です。

「The Sandbox」と「My Neighbor Alice」とのコラボレーションが行われ、My Neighbor AliceのキャラクターがThe Sandbox内に登場しています。

ALICEの特徴

①ステーキングできる
②P2E(PlayToEarn)で稼げる
③NFTの動物や土地が販売されている

仮想通貨のメタバース銘柄の買い方

国内と海外取引所の口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

次にメタバース銘柄を買うためにBinanceの口座開設をします。

Binanceの口座開設方法はこちら>

国内と海外取引所の買い方

コインチェックの買い方はこちら>

Binanceの買い方はこちら>

仮想通貨のメタバース銘柄の良くある質問

仮想通貨のメタバース銘柄の良くある質問


①メタバースは流行らないんですか?
②投資以外でメタバースの稼ぎ方は?
③仮想通貨以外におすすめのメタバース関連銘柄は?

①メタバースは流行らないんですか?

なんJでメタバースが流行らないと言われる理由


①たかい
②VRとかとの違いがよくわからないから
③セカンドライフ失敗のイメージが強過ぎるから
④メリットがグーグルが全力投資してる!!ってことしかないから
⑤失敗するって言われてるのは今高い金だして仮装の土地買ったりしてる企業

下記の記事でなんJがメタバースが流行らないと言われている理由に回答しています⇩

なんJでメタバースが流行らないと言われる理由はこちら>

②投資以外でメタバースの稼ぎ方は?

メタバースでお金を稼ぐ方法10選

①アルバイト 
②P2E(Play to Earn)
③メタバースのブログ
④メタバースのスキル 
⑤メタバースの土地を買う
⑥メタバースのNFTを販売
⑦メタバースのNFTを転売
⑧メタバース関連銘柄に投資
⑨メタバース企業の仕事を受注
⑩メタバース内にゲームを作る

メタバースでお金を稼ぐ方法はこちら>

③仮想通貨以外におすすめのメタバース関連銘柄は?

下記の記事で日本株・アメリカ株(米国株)・ETF(上場投資信託)別にまとめています⇩

おすすめの日本株のメタバース関連銘柄はこちら>

おすすめのアメリカ株(米国株)のメタバース関連銘柄はこちら>

おすすめのETF(上場投資信託)のメタバース関連銘柄はこちら>

仮想通貨のメタバース銘柄の税金計算方法

仮想通貨のメタバース銘柄の税金計算方法


①自分で税金計算
②税金計算ツール
③税金計算サポートサービス

①自分で税金計算

仮想通貨のメタバース銘柄の税金計算を自分でするのは正直おすすめしません。

ですが、どうしても自分で税金計算したい方のためにおすすめの方法を紹介しておきます。

下記のツイートはPancakeSwapを例に解説していますが、仮想通貨のメタバース銘柄でも一緒です。

PancakeSwapの税金計算
「出典元:Twitter

②税金計算ツール

コインタックスは丸投げで暗号資産の損益計算~確定申告の作成・提出までサポートしてもらえるサービスです。

COINTAX(コインタックス)の特徴

①丸投げでOK
②全員が暗号資産に精通
③Defiやマイナーサービス対応可能

コインタックスの使い方はこちら>

③税金計算サポートサービス

クリプタクトは暗号資産の取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で自動損益計算ができるサービスです。

cryptact(クリプタクト)のメリット

①初心者でも簡単な操作
②DeFi取引を自動で識別
③暗号資産のポートフォリオ機能
④業界トップの対応取引所数とコイン数
⑤税理士や公認会計士も利用しています

クリプタクトの使い方はこちら>

仮想通貨のメタバース銘柄のまとめ

本記事では仮想通貨のメタバース銘柄の解説をしました。

今からメタバースを始めていけば先行者利益を得ることができます。

この機会にメタバースを始めてみて下さい。

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-メタバース