メタバースの土地の買い方や購入方法

メタバース

【初心者向け】メタバースの土地の買い方や購入方法を解説

メタバースの土地を始めて買いたいのですが、さっぱりわかりません。

本記事では超初心でもメタバースの土地の買い方を3ステップで買えるように解説しています。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にメタバースの土地の買い方について分かりやすく解説していきます。

メタバースの土地の買い方や購入方法の3ステップ


ステップ①購入する土地のメタバースを選ぶ
ステップ②メタバースの買う土地を決める
ステップ③メタバースの土地を買う

2021年11月30日にはメタバースで不動産を開発しているリパブリック・レルムがThe Sandboxの土地のLANDを430万ドル(約4億8800万円)で購入し話題に。

メタバース不動産のデメリットやメリットは下記の記事で解説しています。

合わせて読みたい
メタバース×不動産投資
【デメリットあり】メタバース不動産の買い方や購入方法を解説

続きを見る

メタバースの土地を買うには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

メタバースの土地の買い方や購入方法

ステップ①購入する土地のメタバースを選ぶ

まずは購入購入する土地のメタバースを選ぶ必要があります。

そこで、人気のメタバースの土地を3つピックアップします。

人気のメタバースの土地

この中でもThe Sandboxの土地の取引量が圧倒的に多いです。

つまり、The Sandboxの土地は流動性が高く今後も値上がりが期待できることからおすすめです。

人気のメタバースの土地

「出典元:https://markets.businessinsider.com/news/currencies/metaverse-virtual-land-sales-record-last-week-sandbox-decentraland-2021-12

The SandboxはLandというメタバース上の土地を提供しており、全世界で4,000万ダウンロードの人気のブロックチェーンゲームです。

The Sandboxの土地LANDの発行上限は166,464区画で、1区画のサイズは縦96m×横96m×高さ128mです。

The Sandboxの土地の将来性

①欧州最大級の銀行である「HSBC」がThe Sandboxと提携
②ソフトバンクグループの「Vison Fund 2」から約105億円もの出資を受けている
③コインチェックがThe Sandboxのメタバース上で近未来都市「Oasis TOKYO」開発へ

The Sandboxの土地 イケハヤ
「出典元:Twitter

ステップ②メタバースの買う土地を決める

メタバースの買う土地を決める

①メタバースの土地の価格をチェック
②メタバースの土地の場所をチェック

①メタバースの土地の価格をチェック

The Sandbox Land

2022年8月現在LANDの最安値は1.22ETH($2,239.58)で約30万円です。

Landの現在の価格がいくらかはこちら>

まずはいくらの価格なら購入できるのかLandの価格をチェックします。

②メタバースの土地の場所をチェック

The Sandboxの土地
「出典元:The SandboxのMAP

The SandboxのMAPをチェックしてみる>

次に予算内で購入できそうなLandの場所をチェックして購入するLANDを決定します。

インフルエンサーや大企業が買った土地の近くは価格が上がっていきそうですね。

ステップ③メタバースの土地を買う

ステップ③メタバースの土地を買う


①Coincheck NFT (β版)で土地を買う
②OpenSeaで土地を買う
③The Sandboxで土地を買う

基本的には「①Coincheck NFT (β版)で土地を買うor②OpenSeaで土地を買う」の二次流通で買うことになります。

なぜなら、一次流通の「③The Sandboxで土地を買う」場合はセール時でしか買えないからです。

①Coincheck NFT(β版)で土地を買う

①Coincheck NFT(β版)で土地を買う

①コインチェックの口座開設
②コインチェックでイーサリアムを購入する
③Coincheck NFT(β版)で土地を買う

①コインチェックの口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)
口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金
②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックのイーサリアム購入方法はこちら>

③Coincheck NFT(β版)で土地を買う

まずはコインチェック公式サイトにログインします。
ログイン後「Coincheck NFT(β版)」をクリック。

Coincheck NFT(β版)で土地を買う

タイトルの「The Sandbox」をクリック。
「新着入庫順」をクリックで順番を変更できます。「公式のみ」をクリックで公式のみになります。
購入したいLANDをクリック。

Coincheck NFT(β版)で土地を買う

「購入確認」をクリック。
最後に確認してから「購入」」をクリック。

Coincheck NFT(β版)で土地を買う

②OpenSeaで土地を買う

OpenSeaで土地を買う

①コインチェックの口座開設
②メタマスクにイーサリアムを送金する
③OpenSeaでNFTを購入する

①コインチェックの口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)
口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

②メタマスクにイーサリアムを送金する

メタマスクイーサリアムを送金します。

メタマスクの使い方・送金方法はこちら>

コインチェックでイーサリアムの購入方法と送金方法はこちら>

③OpenSeaでNFTを購入する

OpenSeaでNFTを購入します。

OpenSeaの登録方法はこちら>

OpenSeaでNFTの購入方法はこちら>

③The Sandboxで土地を買う

The Sandboxで土地を買う

①コインチェックの口座開設とメタマスクの作成
②コインチェックでETHとSANDを買ってメタマスクに送金する
③The Sandboxで土地を買う

①コインチェックの口座開設とメタマスクの作成

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)
口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

②コインチェックでETHとSANDを買ってメタマスクに送金する

ETHはガス代(手数料)の支払いに、SANDはLANDの購入に使います。

メタマスクの使い方・送金方法はこちら>

コインチェックでETHとSANDを買ってメタマスクに送金する方法はこちら>

③The Sandboxで土地を買う

The Sandboxの公式Twitter公式Mediumでセールの時期をチェック。
Mediumでのセールの様子はこんな感じです⇩

The SandboxのLAND セール

The Sandboxの公式サイトにログインして「Metamask」クリックしてログインします。
ログインするとMetamaskに送金していた「ETHとSAND」でLANDを購入できます。

The Sandboxで土地を買う

ログイン後は「MARKET」をクリック。
その後、画面を下にスクロールするとLANDが出てきクリックすると購入できます。
LANDはとても人気な土地なので、セール当日は一次流通で買いたい投資家同士のクリック戦争になることが予想できます。
そのため、好きな土地を見定める時間もないのが現実です。

The Sandboxで土地を買う

メタバースの土地が買えるプラットフォーム

メタバースの土地が買えるプラットフォーム

①The Sandbox(ザ・サンドボックス)
②Decentraland(ディセントラランド)
③Cryptovoxels(クリプトボクセル)

①The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)
通貨名SAND(サンド)
価格160円(2022年6月現在)
公式サイトhttps://www.sandbox.game/jp/

The Sandboxは香港で開発されメタバース上でLAND(ランド)と呼ばれる土地を提供しています。

このLAND(土地)を購入orレンタルすることで、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができます。

2022年現在は複数の企業がLANDを購入したり、提携しています。

最近では「SHIBUYA109 LAND」の開発が行われたり、「キャプテン翼」のIP(知的財産)が提携したりしています。

②Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントラランド)
通貨名MANA(マナ)
価格120円
公式サイトhttps://decentraland.org/

Decentralandはカリフォルニアで開発され、メタバース上でLAND(ランド)と呼ばれる土地を提供しています。

このLAND(土地)を購入することで施設を使っていあらゆる経済活動ができます。

最近では2022年6月7日に米国のバーボンウィスキー蒸留所Angel’s Envyがメタバース上に「ANGEL’S ENVY Meta Distillery」を設置することを発表しています。

③Cryptovoxels(クリプトボクセル)

Cryptovoxels(クリプトボクセル)
通貨名独自通貨なし
公式サイトhttps://www.voxels.com/

CryptovoxelsはBen Nolan氏を中心に開発され、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたメタバース上で土地を提供しています。

名前通り立方体(ボクセル)を積み上げたようなメタバース空間で、まるでレゴブロックです。

メタバースの土地の良くある質問

メタバースの土地の良くある質問

①何歳からメタバースの土地を買える?
②スマホでもメタバースの土地は買える?
③メタバースの土地は必ず値上がりする?

①何歳からメタバースの土地を買える?

20歳からです。

なぜなら暗号資産取引所の口座開設年齢が20歳からだからです。

②スマホでもメタバースの土地は買える?

買えません。

技術的にできないこともないですが、絶対におすすめしません。

NFT売買は複雑なのでパソコンを使ってGoogle Chromeで取引きするのが一般的です。

③メタバースの土地は必ず値上がりする?

メタバースの土地は必ず値上がりするとは限りません。

仮に土地の価格が暴落しても、生活に支障がない予算で土地を買いましょう。

メタバースの土地の買い方や購入方法のまとめ

本記事ではメタバースの土地の買い方や購入方法の解説をしました。

世間ではメタバースの土地を買っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非今からメタバースの土地を買ってみて下さい。

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-メタバース