【2022年最新】仮想通貨Solana(SOL)の将来性や買い方を解説

仮想通貨(暗号資産)

【2022年最新】仮想通貨Solana(SOL)の将来性や買い方を解説

SOLの将来性が気になります。

2023年にweb3スマホ「Saga」が発売されることもありまだまだ将来的があります。

SOL web3スマホ「Saga」

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にSOLについて分かりやすく解説していきます。

SOLは2020年4月にローンチされたイーサリアムキラーの暗号資産です。

SOLの将来性

①SOLのエコシステム
②web3スマホ「Saga」
③新規国内取引所に上場

SOLとは?

SOLの概要

名称Solana(SOL)
総発行枚数511,616,946(5億1161万枚)
価格¥6,000
時価総額¥2,190,385,749,678
時価総額ランク9位
公式サイトhttps://solana.com/ja
公式Twitterhttps://twitter.com/solana
「出典元:CoinMarketCap

SOLは2020年4月にローンチされたレイヤー1の暗号資産です。

レイヤー1・レイヤー2とは?

レイヤー1はブロックチェーンのことです。例えばBitcoin、Ethereum、BNB Chainなどです。

レイヤー2はブロックチェーン以外のオフチェーンのことです。

合わせて読みたい
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

続きを見る

SOLのチャート

SOLのチャート

ATH(最高値)は2021年11月6日の29,367円です。

そこから暗号資産の冬の時代になり2022年6月13日には3,800円まで下がりましたが、2022年8月現在は6,000円まで回復しています。

BTCやETHの価格が上昇したらSOLの価格も連動して上がっていく可能性が高いです。

SOLの特徴

SOLの特徴

①レイヤー1のみで完結できる
②処理速度が速いのでガス代が安い
③ステーキングが可能

①レイヤー1のみで完結できる

SOLはレイヤー1なのでブロックチェーン内で取引を行うことができます。

そのため処理速度が速いのでガス代が安くなりスケーラビリティ問題が発生しません。

これがレイヤー2だったら、ブロックチェーン以外のオフチェーンで取引することになります。

そのため処理速度も遅くないガス代(手数料)が高なりスケーラビリティ問題が発生します。

スケーラビリティ問題とは?

イーサリアムの取引量が増え取引処理の遅延でガス代(取引手数料)が値上がりしてしまう問題。

②処理速度が速いのでガス代が安い

SOLはPOL(Proof of History)というコンセンサスアルゴリズムを使用しているため、トランザクション処理速度数は圧倒的に速いです。

コンサセスアルゴリズム(合意方法)とは?

ブロックチェーンがブロックを追加するルールのコンセンサス(合意)を行うアルゴリズム(方法)のこと。

ブロックチェーントランザクション処理速度数ブロックの生成速度
SOL約50,0000.4秒
BTC約6〜7600秒
ETH約13~15300秒
XRP約4,0004秒

そのため、スケーラビリティ問題も起こらないので、ガス代(手数料)も安くイーサリアムキラーと言われます。

③ステーキングが可能

SOL ステーキング

SOLはBinanceでステーキングすることができ、120日間のステーキングではAPY(年利)19.47%です。

合わせて読みたい
【2022年最新】Binancceでの仮想通貨ステーキングのやり方を解説
【2022年最新】Binanceの仮想通貨ステーキングのやり方・方法を解説

続きを見る

SOLの将来性

SOLの将来性

①SOLブロックチェーンが使われる
②多くのプロジェクトと提携
③新規国内取引所に上場

①SOLのエコシステム

SOLのエコシステム(経済圏)で使用されるトークンは200近くあります。

今後もSOLのエコシステムを利用するトークンは増えていくでしょう。

SOLのエコシステムの時価総額順上位10通貨


①Tether(USDT)
②Solana(SOL)
③Chainlink(LINK)
④The Graph(GRT)
⑤STEPN(GMT)
⑥Arweave(AR)
⑦Audius(AUDIO)
⑧Serum(SRM)
⑨Render Token(RNDR)
⑩Ren(REN)

②web3スマホ「Saga」

SOLの開発元Solana Labsの子会社がweb3スマートフォン「Saga」を6月24日に発表され 2023年に発売予定です。

SAGAはWeb3での取引やトークンやNFTなどを簡単かつ安全に管理することができます。

本体スペックはプロセッサがSnapdragon 8+ Gen 1、12GB RAM、6.55インチ/120Hz駆動ディスプレイ、4100mAhバッテリー(ワイヤレス充電対応)、5000万画素メイン+1200万画素超広角カメラのアンドロイド(Android)です。

価格は1000ドル(約13万円)で製品は2023年第1四半期(1月~3月)に出荷されます。

当初はアメリカ、カナダ、EU、イギリスから徐々に展開していきその結果次第では日本でも発売されます。

③新規国内取引所に上場

2022年現在SOLが上場している国内取引所はFTX Japanのみです。

今後、コインチェックやビットフライヤーなどにも上場すればさらに価格が上がる可能性があります。

海外取引所ではBinanceにも上場しています。

SOLの買い方

SOLの買い方

①FTX Japanの口座開設
②FTX JapanでSOLを買う

①FTX Japanの口座開設

FTX Japanの口座開設をします。

国内取引所でSOLを変えるのはFTX Japanだけです。

合わせて読みたい
【最短5分】FTX Japanの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】FTX Japanの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

②FTX JapanでSOLを買う

FTX Japanの口座開設ができたらSOLを買うことができます。

SOLのまとめ

本記事ではSOLの解説をしました。

世間ではSOLを触っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非今からSOLも始めてみて下さい。

SOLを買えるFTX Japanの口座開設方法はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】FTX Japanの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】FTX Japanの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)