【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

仮想通貨(暗号資産)

【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

メインで取引する国内取引所を選ぶ基準は何ですか?

2022年現在は各社比較してもアプリの使いやすさやセキュリティーはほとんど変わらないので“手数料“が最重要です。

実際にアンケート結果でも、メインで取引する国内取引所を選ぶ基準も″送金手数料の安さ″がダントツ1位でした。

【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にGMOコインについて分かりやすく解説していきます。

GMOコインは口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入など各種手数料がすべて無料です。

さらに、暗号資産の送金手数料も無料です。

もちろん、GMOコインは販売所(手数料高い)でも取引所(手数料安い)でも暗号資産を購入でき、つみたて暗号資産もあります。

やはりメインで取引している国内取引所はGMOコインが堂々の1位です。

大手のビットフライヤーやコインチェックはキャッシュバックキャンペーンなどを多く開催していますが、GMOコインこそユーザーファーストなのが愛用されている理由ですね。

【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

GMOコインのリアルな口コミや評判をまとめてみました。

やはり、賢い人は送金手数料を含むすべての手数料が無料のGMOコインの魅力に気づいて続々と乗り換えて来てますね。

【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

GMOコインが「毎日10人に1,000円が当たるキャンペーン」開催中です。

キャンペーン概要

「販売所」において暗号資産(仮想通貨)を合計500円以上購入、または「つみたて暗号資産」において暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入で毎日抽選で10名様に現金1,000円がプレゼント。

※キャンペーンは突然終了する可能性があります。

GMOコインのキャンペーン

GMOコインの口座開設の方法が知りたい方はこちら>

GMOコインのデメリット

GMOコイン

【GMOコインのデメリット】
・最低出金額が高い

GMOコインの日本円の最低出金額は10,000円ですが、全額出金の場合は出金額に制限はありません。

つまり、日本円の残高が1,000円の場合は1,000円を出金できるということです。

なので、10,000円縛りは実質ないようなものです。

GMOコイン最低出金額が高い

GMOコインのメリット

GMOコイン

【GMOコインのメリット】
①手数料がすべて無料
②東証プライム上場のGMOインターネットグループ
③2年連続オリコン顧客満足度&取扱銘柄数が22銘柄(2022年現在)で国内No1

①手数料がすべて無料

GMOコインは手数料がすべて無料です。

GMOコインは手数料がすべて無料です。

そこで、代表的な取引所4社(ビットフライヤー、コインチェック、ビットバンク、GMOコイン)の手数料を比較してみます。

4社とも口座開設・日本円の入金・暗号資産の取引手数料は無料ですが、暗号資産の送金手数料日本円の出金手数料が大きく異なります。

暗号資産取引所暗号資産の送金手数料
ビットフライヤー0.0004BTC(約2,000円)
コインチェック0.0005BTC(約2,500円)
ビットバンク0.0006BTC(約3,000円)
GMOコイン無料
※1BTC=500万円で計算
暗号資産取引所暗号資産の送金手数料
ビットフライヤー0.005ETH(約2,000円)
コインチェック0.005ETH(約2,000円)
ビットバンク0.005ETH(約2,000円)
GMOコイン無料
※1ETH=40万円で計算
暗号資産取引所日本円の出金手数料
ビットフライヤー550円/770円(3万円以上)
コインチェック407円
ビットバンク550円/770円(3万円以上)
GMOコイン無料
2022年現在

②東証プライム上場のGMOインターネットグループ

東証プライム上場のGMOインターネットグループ

GMOコインはGMOインターネット(東証プライム上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコインのお取引ができる環境を提供しています。

「ビットコインはよくわからない」「サービスが使いにくかったら困る」といった不安があっても、GMOコインなら大丈夫。

使いやすさを重視して設計された画面で、簡単にビットコインのお取引が可能です。

③2年連続オリコン顧客満足度&取扱銘柄数が22銘柄(2022年現在)で国内No1

2年連続オリコン顧客満足度で国内No1
引用元:ORICON

GMOコインは2022年4月1日(金)に発表された「2022年 オリコン顧客満足度®調査 暗号資産取引所 現物取引」において総合第1位を獲得し、2年連続でNo.1となりました。

また評価項目別の順位についても、評価対象となった全8項目において、全て1位を獲得しています。

GMOコイン取扱銘柄数が22銘柄(2022年7月現在)で国内No1
引用元:GMOコイン

GMOコインはビットコインはもちろん人気のアルトコインも含め、国内取引所最大級となる22銘柄を取り扱っています。

GMOコイン口座開設の方法

GMOコイン

GMOコインの口座開設3ステップ

①GMOコインのアカウント作成
②基本情報の入力
③本人確認

①GMOコインのアカウント作成

まずはGMOコイン公式サイトログインして、「サイトへ進む」をクリック。
「メールアドレス」を入力して「私はロボットではありません」をチェックして「口座開設(無料)を申し込む」をクリック。

GMOコイン

登録メールアドレスに確認メールが届くので、URLをクリックします。
パスワードを入力して「設定する」をクリック。

GMOコイン 登録

電話番号を入力して「コードを送信」をクリック。
SMSで届いた2段階認証コードを入力して「認証する」をクリック。

GMOコイン 電話番号認証

認証が完了したら「開設申込へ進む」をクリック。

GMOコイン 承認

②基本情報の入力

名前、住所、生年月日など基本情報を入力して「次へ」をクリック。

GMOコイン 登録

③本人確認

「かんたん本人確認」では最短10分で暗号資産が購入できるのでがおすすめ。

【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

10分ほどで登録したメールアドレスに、「口座開設コード」が届くので入力します。

GMOコイン 本人確認

SMSに認証コードが届くので、入力して「認証」をタップすると口座開設は完了です。

GMOコインでビットコインを買う方法

GMOコイン

ビットコインを買う3ステップ

①GMOコインの口座開設 ☜今ここ!
②GMOコインに日本円の入金
③GMOコインでビットコインを買う

GMOコインの口座開設が完了したら、次のステップに進んで下さい⇩

②GMOコインに日本円の入金
③GMOコインでビットコインを買う


下記の記事で『日本円入金〜ビットコインを買う方法』を詳しくまとめています。

\最短10分で口座開設/

無料でGMOコインの口座開設する

合わせて読みたい
【超簡単】GMOコインでビットコインの購入方法とバイナンスに送金する方法を解説
【超簡単】GMOコインでビットコインの購入方法とバイナンスに送金する方法を解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)