NFT Poubelle(プベル)の買い方を解説【キングコング西野亮廣監修】

NFT

【キングコング西野亮廣監修】Poubelle(プベル)のNFTの買い方を解説

NFT初心者でPoubelle(プベル)の買い方が知りたいです。

初心者向けにPoubelle(プベル)の買い方を解説していきます。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にPoubelle(プベル)について分かりやすく解説していきます。

Poubelle(プベル)の特徴

①販売数は365対
②CHIMNEY TOWN DAO(CTD)
③キングコング西野さんの監修

Poubelle(プベル)はキングコング西野さんが監修しているゴミNFTコレクションです。

NFT Poubelle(プベル)の買い方を解説【キングコング西野亮廣監修】
引用元:https://twitter.com/nishinoakihiro/status/1562598715957067777

NFTがさっぱり分からない人には下記の記事で解説しています⇩

合わせて読みたい
NFT 始め方 クリプトパンクス
【2022年最新】NFTとは?始め方・やり方・稼ぎ方をわかりやすく解説

続きを見る

コインチェックが「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開催中です。

【期限限定】2022年9月30日まで!

コインチェックの口座開設&72時間以内の入金完了で1500円分のビットコインがもらえます。
※キャンペーンは突然終了する可能性があります。

コインチェック

Poubelle(プベル)とは?

Poubelle(プベル)の概要

コレクション名Poubelle(プベル)
販売数365体
価格0.01ETH~
販売日2022年8月29日
公式サイトhttps://subdued-laundry-5ad.notion.site/NFT-Poubelle-336dda1af91d43aa913adfe1443e67a3
公式OpenSeahttps://opensea.io/collection/chimney-town-poubelle

Poubelle(プベル)はそのへんに落ちてるゴミをモンスター化してみたNFTコレクションです。

ちなみに、Poubelleはフランス語で「ゴミ箱」の意味です。

そして、キングコングの西野亮廣さんが監修し、「えんとつ町のプペル」のアートディレクションをしているかんかんさんがイラスト・デザインを担当しています。

販売方法は公式OpenSeaにて24時間のオークション形式で販売で、価格は0.01ETH(現在レート:約2200円)からスタートです。

オークション形式にしている理由は早い者勝ちにするとフェアではないため、他の人よりも高値を出せば必ず買えるためオークション形式にしているとのこと。

Poubelle(プベル)の販売スケジュール

第1弾は『KAN』シリーズ(下記の左)で、第2弾は『TARO』シリーズ(下記の右)です。

第1弾は『KAN』と言う空き缶のシリーズ(上記の左)で、 2022年8月29日よりリリース。

第2弾は『TARO』と言うりんごのシリーズ(上記の右)で、2022年9月5日よりリリース。

第3段以降の販売スケジュールは下記の通りで、毎週5~6体の新しいモンスターのリリース予定です。

NFT Poubelle(プベル)の販売スケジュール

Poubelle(プベル)の特徴

Poubelle(プベル)の特徴

①販売数は365対
②CHIMNEY TOWN DAO(CTD)
③キングコング西野さんの監修

①販売数は365対

Poubelle(プベル)の販売数は365対です。

ということはビットコインの発行上限が2100万枚限定と同じように、Poubelle(プベル)も365対限定なので希少性が高いのです。

その結果値上がりしやすくなるかと。

②CHIMNEY TOWN DAO(CTD)

株式会社 CHIMNEY TOWNが運営するCHIMNEY TOWN DAO(CTD)にてPoubelle(プベル)は販売されています。

CHIMNEY TOWN DAO(CTD)に参加承認用のNFTのSHINZO(心臓)の買い方はこちら⇩

合わせて読みたい
NFT SHINZO(心臓)の買い方を解説【キングコング西野亮廣監修】
NFT SHINZO(心臓)の買い方を解説【CHIMNEY TOWN DAO】

続きを見る

DAOがさっぱり分からない人には下記の記事で解説しています⇩

合わせて読みたい
【超初心者向け】DAO(自律分散型組織)とは?わかりやすく解説【仮想通貨銘柄も紹介】
【超初心者向け】DAO(自律分散型組織)とは?わかりやすく解説【仮想通貨銘柄も紹介】

続きを見る

③キングコング西野さんの監修

なんと言ってもPoubelle(プベル)の最大の特徴はキングコング西野さんの監修です。

キングコング西野さんはお笑い芸人の肩書きだけでなく、Twitterフォロワー33万人で、オンラインサロン(西野エンタメ研究所)の会員数は4万人とビジネスインフルエンサーです。

そしてPoubelle(プベル)はSNSのプロフィール画像用に作られており、キングコング西野さんは「多くの人がTwitter村で朝から晩まで口喧嘩していますが、Twitterのアイコンがコレだったら、どれだけ切り口の鋭い正論を吐こうが、カッコつかない(喧嘩に勢いがつかない)ので、良くないですか? 」とコメントされています。

Poubelle(プベル)の使命は下記の動画で西野亮廣さんが語っています⇩

Poubelle(プベル)の買い方

Poubelle(プベル)の買い方

①国内取引所の口座開設
②メタマスクの登録
③OpenSeaの登録
④イーサリアムを買ってメタマスクに送金
⑤OpenSeaでPoubelle(プベル)を買う

①国内取引所の口座開設

失敗しない国内取引所の選び方を教えます。

①初心者はコインチェックの口座開設&72時間以内に1円以上の入金で1,500円分のビットコインをGETします。

失敗せずにコインチェックで1500円もらう方法はこちら>

②中・上級者は暗号資産の送金手数料が無料のGMOコインで取引するのがおすすめです。

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら>

②メタマスクの登録

次にメタマスクの登録をします。

メタマスクの登録方法はこちら>

③OpenSeaの登録

次にOpenSeaの登録をします。

OpenSeaの登録方法はこちら>

④イーサリアムを買ってメタマスクに送金

次に国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金します。

コインチェックでイーサリアムを買ってメタマスクに送金する方法はこちら>

GMOコインでイーサリアムを買ってメタマスクに送金する方法はこちら>

⑤OpenSeaでPoubelle(プベル)を買う

最後にOpenSeaでPoubelle(プベル)を買います。

下記の記事では3種類「①ETH(固定価格)②Polygon(固定価格)③WETH(オークション)」全ての買い方を解説しているので初心者でも購入できます。

OpenSeaでPoubelle(プベル)を買う方法はこちら>

Poubelle(プベル)のまとめ

本記事ではPoubelle(プベル)の解説をしました。

世間ではPoubelle(プベル)を買っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非Poubelle(プベル)を買ってみて下さい。

そして、コインチェックの期間限定キャンペーンで確実に1500円分のビットコインをもらう手順はこちら⇩

GMOコインのリアルな口コミや評判、さらに独自のアンケート結果が知りたい方はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕が200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしているBit Lendingの体験談はこちら⇩

【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-NFT