仮想通貨WOO Network(WOO) とは 将来性 買い方

仮想通貨(暗号資産)

【2022年最新】仮想通貨WOO Network(WOO)の将来性や買い方を解説

WOOの将来性が気になります。

WOOは2021年11月10日bybitto2022年2月8日にBinanceに上場しており、
まだまだ値上がりが期待されています。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にWOOについて分かりやすく解説していきます。

WOOは「低コスト&ゼロコスト」の取引を支援するユーティリティー・トークンです。

ユーティリティートークンとは?

サービスの決済手段として実用的に使われるトークン。

WOO Network(WOO)の将来性

①ステーキングが可能
②ユーティリティー・トークン
③Binance Labsから資金提供を受けている

この記事ではの2022年最新情報をお届けします。

WOOを買うには国内取引所が必要になってきます。

を始めるには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

WOO Network(WOO)とは?

仮想通貨WOO Network(WOO) とは 将来性 買い方

WOO Network(WOO)の概要

名称WOO Network(WOO)
総発行枚数3,000,000,000 WOO(30億枚)
価格¥50
時価総額¥52,117,528,305
時価総額ランク137位
公式サイトhttps://woo.org
公式Twitterhttps://twitter.com/WOOnetwork
2022年5月

WOOはトレーダー、取引所、機関、およびDeFiプラットフォームを接続する流動性ネットワークです。

このネットワークで使用されるユーティリティートークンで、ユーザーはWOOを担保にステーキングや流動性の提供ができます。

WOO Network(WOO)のチャート

仮想通貨WOO Network(WOO)
2022年5月現在
「出典元:CoinMarketCap

ATH(過去最高値)は2021年11月11日の189円です。

そこから緩やかに下がって来て、2022年5月現在は50円前後で推移しています。

WOO Network(WOO)の特徴

水

WOO Network(WOO)の特徴

①高い流動性
②トークンバーン
③低コスト&ゼロコスト

①高い流動性

WOOはCeFi(中央集権型金融)やDeFi(分散型金融)両方の取引所を提供しており高い流動性が保たれています。

その結果、世界の暗号通貨取引所での1日あたりの平均取引量は約50〜100億ドルでスプレッド(手数料)を極端に抑えることができています。

さらに、Binance SMART CHAINやPolygonなど23社のパートナーがいるため、高い流動性が提供されています。

仮想通貨WOO Network(WOO) パートナー
「出典元:WOO Network(WOO)公式サイト

DeFi(分散型金融)・CeFi(中央集権型金融)とは?


DeFi(分散型金融)は中央管理者のいない暗号資産やブロックチェーンを利用した金融アプリケーションの総称で、PancakeSwap・Uniswap・SushiSwapなどが該当する。

CeFi(中央集権型金融)は金融機関(銀行・保険・取引所)のような中央管理者が管理する金融サービスの総称で、コインチェック・Binance・BitLendingなどが該当する。

合わせて読みたい
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

続きを見る

②トークンバーン

WOOは総発行枚数30億枚もあるため、インフレ対策としてWOOの収益の半分で毎月10日に買い戻してバーンされます。

さらに、エコシステムの維持をするために15億トークンがステーキングや保有によってシステムの維持に使用されています。

トークンバーンはTwitter上で公開されています👇

トークンバーンはTwitter

③低コスト&ゼロコスト

WOOをステーキングすることでCeFi(中央集権型金融)やDeFi(分散型金融)などの取引手数料および出金手数料は0です。

さらに、メイカー手数料も0でテイカー手数料も0orマイナスです。

具体的なWOOのステーキング枚数や手数料とは下記のです👇

仮想通貨WOO Network(WOO) 手数料
「出典元:公式サイト

この手数料0やマイナスが実現するのも高い流動性だからです。

指値・メイカー(Maker)

価格と数量を指定する注文方法です。

成行・テイカー(Taker)

数量のみを指定し、板から数量分だけ確実に購入/売却する注文方法です。

WOO Network(WOO)の将来性

道

WOO Network(WOO)の将来性

①ステーキングが可能
②ユーティリティー・トークン
③Binance Labsから資金提供を受けている

①ステーキングが可能

仮想通貨WOO Network(WOO) ステーキング

WOOはBinanceのステーキング報酬は90日でAPY(年利)16.95%です。

②ユーティリティー・トークン

WOOはCeFi(中央集権型金融)とDeFi(分散型金融)をつなぐ流動性ネットワークであり、高性能かつ超低コストで高い流動性を提供できるというプロジェクトとして期待されています。

今後も、多くのユーザーやトレーダーの参加によりユーティリティも拡張されていきます。

そしてWOOの専門知識と経験は、一流の金融機関と教育機関に由来しています。

仮想通貨WOO Network(WOO) 
「出典元:公式サイト

③Binance Labsから資金提供を受けている

仮想通貨WOO Network(WOO) Binance

WOOは2022年1月にBinance Labsから「約1200万ドル」の資金提供を受けています。

BinanceLabsの投資ディレクターであるPeterHuoは、次のように述べています。

さらにBinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏はTwitterで「業界に投資する」とツイートしています👇

ツイート

他におすすめの草コインを紹介します。

日本でBiswap(BSW)はあまり話題になっていませんが、海外ではTwitterでも話題になっておりその人気も拡大しています⇩

合わせて読みたい
Linear Finance(LINA) とは? 将来性 買い方
【2022年最新】仮想通貨Linear Finance(LINA)の将来性や買い方を解説

続きを見る

Alpine F1 Team Fan Token(Alpine)は2022年2月21日にBinanceで上場したばかりで世界初のF1チームのファントークンで注目されています⇩

合わせて読みたい
仮想通貨Alpine F1 Team Fan Token(Alpine)とは?将来性 買い方
【総括】仮想通貨Alpine F1 Team Fan Token(Alpine)とは?将来性や買い方を解説

続きを見る

WOO Network(WOO)の買い方

mac

WOO Network(WOO)の買い方

①国内取引所とBinanceの口座開設
②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する
③BinanceでリップルをUSDTに交換してWOOを買う

①国内取引所とBinanceの口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する

コインチェックでリップルを買ってバイナンスに送金する。

コインチェックでリップルを買ってバイナンスに送金する方法はこちら>

③BinanceでリップルをUSDTに交換してWOOを買う

BinanceでリップルをUSDTに交換してWooを買う。

BinanceでリップルをUSDTに交換してWooを買う方法はこちら>

下記の動画の後半で、リップルをUSDTに交換してWOOを買う解説があります。

WOO Network(WOO)のまとめ

本記事ではWooの解説をしました。

世間では草コインを触っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非今からコインも始めてみて下さい。

そして、コインチェックの期間限定キャンペーンで確実に1500円分のビットコインをもらう手順はこちら⇩

GMOコインのリアルな口コミや評判、さらに独自のアンケート結果が知りたい方はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕が200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしているBit Lendingの体験談はこちら⇩

【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)