【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

仮想通貨(暗号資産)

【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

BNBの将来性が気になります。

BNBは世界でNo1の取引所のBinanceが発行する通貨なので将来性は高いです。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にBNB(バイナンスコイン)について分かりやすく解説していきます。

BNBは時価総額ランクも5位でかなり人気の通貨です。

BNB(バイナンスコイン)の将来性

①バーン(焼却)
②Binanceが発行
③世界180ヵ国の法定通貨に対応

BNBを買うには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

BNB(バイナンスコイン)とは?

【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

BNB(バイナンスコイン)の概要

名称新:BNB(Build and Build)・旧:BNB(Binance Coin)
総発行枚数200,000,000(2億枚)
価格¥43,000
時価総額¥7,025,047,851,425
時価総額ランク5位
公式サイトBinance公式サイト
公式Twitterhttps://twitter.com/binance

BNBは2017年にICOでローンチされた際にはイーサリアムブロックチェーンで発行されたERC-20トークンでしたが、その後バイナンスの独自チェーンであるBSCが利用されていました。

その後、2022年2月16日にリニューアルして現在はBNB Chainに統合されています。

トークン名BNB(Binance Coin)BNB(Build and Build)
ブロックチェーンエコシステムBSC(Binance Smart Chain)BNB Chain

BNB(バイナンスコイン)のチャート

【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

ATH(過去最高値)は2021年11月18日の¥74,250です。

そこから暗号資産が冬の時代に突入してから、2022年6月18日には¥26,597まで暴落しました。

2022年8月は¥43,000で推移しており、ここからBTCやETHの上昇とともに価格も上がってくと推測できます。

BNB(バイナンスコイン)の特徴

BNB(バイナンスコイン)の特徴

①ステーキングできる
②BNBChainの基軸通貨
③Binanceでの各種優遇

①ステーキングできる

BNB ステーキング

BNBはBinanceでステーキングすることができます。

DeFiステーキングでAPY(年利)4.52%で定期ステーキングでAPY(年利)52.34%です。

合わせて読みたい
【2022年最新】Binancceでの仮想通貨ステーキングのやり方を解説
【2022年最新】Binanceの仮想通貨ステーキングのやり方・方法を解説

続きを見る

②BNBChainの基軸通貨

BNBChainを利用しているトークンは約2000種類あります。

BNBChainのトークン時価総額順上位10通貨

①Ethereum(ETH)
②Tether (USDT)
③USD Coin (USDC)
④BNB (BNB)
⑤Cardano(ADA)
⑥Binance USD (BUSD)
⑦Polkadot(DOT)
⑧Dogecoin(DOGE)
⑨Avalanche(AVAX)
⑩Polygon(MATIC)

③Binanceでの各種優遇

BNBを保有することで、「現物取引手数料が25%OFF・マージン取引手数料が25%OFF・先物取引手数料が10%%OFF」になります。

さらに、BNBを使用して商品やサービスのお支払い、Binance Smart Chainでの取引手数料の決済、限定トークンセールへの参加などが可能です。

例えば「決済・ホテルの予約・オークション・クラウドやサーバの購入・ローンや株の取引」などができます。

BNB(バイナンスコイン)の将来性

BNB(バイナンスコイン)の将来性

①バーン(焼却)
②Binanceが発行
③ヤフーグループと提携

①バーン(焼却)

BMB バーン(焼却)

BNBの総発行枚数は2億枚(全て発行済み)ですが、過度なインフレを防止するために1億枚までバーンされます。

それによってBNBの価格が下がることを防止しています。

バーンは3ヶ月に1回行われおり、BNBBurn.infoで確認すると2022年8月現在は約3800万枚が焼却されています。

②Binanceが発行

【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説
「出典元:CoinMarketCap

BNBは世界取引所でダントツでNo1の取引所のBinanceが発行する通貨です。

Binance自体が伸びたり暗号資産が普及すれば比例してBNB自体の価格も上昇することが予測されます。

③世界180ヵ国の法定通貨に対応

Binanceは2020年6月に世界180ヵ国の法定通貨に対応しています。

決済はVISAのクレジットカード・デビットカードで、もちろん日本円も対応しています。

BNB(バイナンスコイン)の買い方

BNB(バイナンスコイン)の買い方

①国内取引所とBinanceの口座開設
②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する
③BinanceでリップルをUSDTに交換してBNBを買う

①国内取引所とBinanceの口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する

コインチェックでリップルを買ってBinanceに送金します。

コインチェックでリップルを買ってBinanceに送金する方法はこちら>

③BinanceでリップルをUSDTに交換してBNBを買う

BinanceでリップルをUSDTに交換してBNBを買うことができます。

BinanceでリップルをUSDTに交換してBNBを買う方法はこちら>

BNB(バイナンスコイン)のまとめ

本記事ではBNBの解説をしました。

世間ではBNBを触っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非今からBNBコインも始めてみて下さい。

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)