Linear Finance(LINA) とは? 将来性 買い方

仮想通貨(暗号資産)

【2022年最新】仮想通貨Linear Finance(LINA)の将来性や買い方を解説

LINAの将来性が気になります。

LINAは2021年3月18日にバイナンスに上場しており、
今後も値上がりが期待されています。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にLINAについて分かりやすく解説していきます。

LINAはLinearのプラットフォームで使われているトークンです。

この記事ではLINAの2022年最新情報をお届けします。

Linear Finance(LINA)の将来性

①大手の取引所や投資家などと提携
②BridgeMutualと提携(2021年3月24日)
③BandProtocolと提携(2020年11月16日)

LINAを買うには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

Linear Finance(LINA)とは?

Linear Finance(LINA) とは? 将来性 買い方

Linear Finance(LINA)の概要

名称Linear Finance(LINA)
総発行枚数10,000,000,000 LINA(100億枚)
価格¥2.5
時価総額¥8,171,246,257
時価総額ランク440位
公式サイトhttps://linear.finance/
公式Twitterhttps://twitter.com/LinearFinance
2022年5月現在

LINA はLinearのプラットフォームで使われているトークンです。

Linearは低コストかつ高速ブロックチェーンで合成資産を作ることができる。

合成資産とは?

多様な金融資産価格価値を連動したトークン。

高速ブロックチェーンはイーサリアム上に構築され、Binance Smart Chainと統合され、Polkadotとの統合が計画されています。

合わせて読みたい
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説
【2022年最新】仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性や買い方を解説

続きを見る

Linear Finance(LINA)のチャート

Linear Finance(LINA) チャート
「出典元:CoinMarketCap

ATH(過去最高値)は2021年3月18日の22.41円です。

そこから大きく下落して2022年からは2〜5円を推移しています。

Linear Finance(LINA)の特徴

海

Linear Finance(LINA)の特徴

①分散型
②クロスチェーン
③Lina エコシステム

①分散型

非中央集権で取引が可能。

②クロスチェーン

通貨によっては異なるブロックチェーンの暗号資産同士でも、安心して直接交換することができます。

これによって、取引所を仲介しないので手数料がなくなったり、ハッキングなどのリスクを回避できます。

この技術は、ブロックチェーンのインターネットとも言われており非中央集権を実現する上で注目されている技術です。

これが、実現すればビットコイン払いしか受け入れないお店でも他の通貨で払うことができるようになります。

③Lina エコシステム

【Lina エコシステム】
①Review(レビュー)
②Healthcare (健康管理)
③E-Government(政府の情報管理)
④Supply Chain(サプライチェーン)

①Review(レビュー)

現在の評判はステマが多いです。

Lina Reviewを使用して評判をすることで正確に評価できるようになります。

②Healthcare (健康管理)

ブロックチェーン技術を用いて健康状態を記録し政府と共有します。

そして、医師や病院の医療従事者はそのデータにアクセスして閲覧や追記することができます。

③E-Government(政府の情報管理)

ブロックチェーン技術を用いて個人情報(名前、年齢、性別、住所など)を自動的に提示することで、行政サービスを簡略化できるようになります。

④Supply Chain(サプライチェーン)

サプライチェーンマネジメントの管理者は製品に問題が発生したときに、プロセスや在庫などの情報を個人的に変更することができることが問題となっています。

そこで、ブロックチェーン上にプロセスや在庫などの情報を記録することで情報を後から変更できないようにすることができます。

その結果、従来のサプライチェーンよりも迅速かつ正確にプロセスや在庫などの情報にアクセスすることができます。

Supply Chain(サプライチェーン)とは?


日本語では「供給連鎖」と言います。

モノを作る・売る、といった一連の流れのこと。

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは?


日本語では「供給連鎖管理」と言います。

サプライチェーン全体を通じて、供給を最適化させる取り組みのこと。

それによって、時間の削減・売上げ向上・適正な在庫管理などで企業の売上や純利益を上げることにつながります。

Linear Finance(LINA)の将来性

海

Linear Finance(LINA)の将来性

①大手の取引所や投資家などと提携
②BridgeMutualと提携(2021年3月24日)
③BandProtocolと提携(2020年11月16日)

①大手の取引所や投資家などと提携

Linear Finance(LINA) 将来性
Linear Finance(LINA) 将来性
「出典元:公式サイト

パートナーには大手デリバティブ専門の取引所のBitMEXや、投資家には世界最大規模の取引量を誇る取引所のHuobi Globaiなど多数提携しています。

②BridgeMutualと提携(2021年3月24日)

Linear Finance(LINA) BridgeMutual

LINAは分散型カバレッジプラットフォームであるBridgeMutualと提携しました。

これによって、ユーザーはスマートコントラクトのエクスプロイト、ハッキング、ラグプルなどが保証されるようになりました。

③BandProtocolと提携(2020年11月16日)

Linear Finance(LINA) BandProtocol

LINAはクロスチェーン分散型オラクルの新たなリーダーであるBandProtocolと提携しました。

これによって、他の優れたプロジェクトと統合して、既存の代替案よりも速く、安全で、安価な合成資産取引プロトコルを構築できるようになりました。

他におすすめの草コインを紹介します。

WOO Network(WOO)は「低コスト&ゼロコスト」の取引を支援するユーティリティー・トークンとして注目されてます⇩

合わせて読みたい
仮想通貨WOO Network(WOO) とは 将来性 買い方
【2022年最新】仮想通貨WOO Network(WOO)とは?将来性や買い方を解説

続きを見る

日本を代表する大企業のトヨタが出資するOMGも注目されています⇩

合わせて読みたい
トヨタ OMG Network(OMG) とは?将来性 
【トヨタ出資】仮想通貨OMG Network(OMG)とは?今後の将来性や買い方を解説

続きを見る

Linear Finance(LINA)の買い方

LINAの買い方

①国内取引所とBinanceの口座開設
②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する
③BinanceでリップルをUSDTに交換してを買う

①国内取引所とBinanceの口座開設

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

②国内取引所でリップルを買ってBinanceに送金する

コインチェックでリップルを買ってバイナンスに送金する。

コインチェックでリップルを買ってバイナンスに送金する方法はこちら>

③BinanceでリップルをUSDTに交換してLINAを買う

BinanceでリップルをUSDTに交換してBSWを買う。

BinanceでリップルをUSDTに交換してBSWを買う方法はこちら>

Linear Finance(LINA)のまとめ

本記事ではLINAの解説をしました。

世間では草コインを触っている人はまだまだ少ないので、今から始めていけば先行者利益を得ることができます。

今回紹介した方法から是非今から草コインも始めてみて下さい。

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)