【9月14日まで無料】ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

NFT

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方を解説

ōLand(オーランド)の土地NFTが無料でもらえるんですか?

メールアドレスの登録だけで簡単に完全無料でもらえます。

さらに、ōLand(オーランド)の登録者数は30万人以上と大注目です。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元にōLand(オーランド)について分かりやすく解説していきます。

ōLand(オーランド)は史上初のワイヤレスの土地NFTです。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方


①メールアドレスの登録
②パスワードの設定
③ōLand(オーランド)の土地NFTをGET

NFTがさっぱり分からない人は下記の記事をチェック⇩

合わせて読みたい
NFT 始め方 クリプトパンクス
【2022年最新】NFTとは?始め方・やり方・稼ぎ方をわかりやすく解説

続きを見る

ōLand(オーランド)を始めるには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

ōLand(オーランド)とは?

ōLand(オーランド)の概要

公式サイトhttps://overline.network?a=l7UBrwtwfpl7
無料NFT配布期限2022年9月14日
言語英語
公式Discordhttps://discord.com/invite/overline
公式Twitterhttps://twitter.com/overlinenetwork
公式Instagramhttps://www.instagram.com/overline.network/

ōLand(オーランド)は現実世界の 1.67Acres㎡(約6758.25)の土地NFT です。

現実世界のワイヤレス土地の権利に相関する NFT 不動産であり、史上初のワイヤレス メタバースを形成します。

そして2022年9月16日に無料でもらったNFTの内容がReveal(リビール):明らかされました。

Reveal(リビール)はNFTマーケットプレイスで売買できます。

第一弾はアメリカでした。
第二弾は????

ōLand(オーランド)の特徴

ōLand(オーランド)の特徴

①Overline(オーバーライン)
②ōRouter(オールーター)
③4種類のアプリ

①Overline(オーバーライン)

Overline(オーバーライン)はインターネットなしで暗号資産やNFT ・ DeFiなどの取引ができます。

さらに、Borderless Services, Incが提供しており、マルチチェーンプロトコルで取引はワイヤレスで実行されます。

②ōRouter(オールーター)

ōRouter(オールーター)は世界初のWeb3.0ルーターでインターネットなしで、暗号資産やNFT ・ DeFi などにアクセスできます。

そのため、最近良くあるような回線が繋がらなくても友人と通信したり、ソーシャル メディアにアクセスしたり、ニュースを読んだりできます。

Web3.0がさっぱり分からない人は下記の記事をチェック⇩

合わせて読みたい
【超初心者向け】Web3.0とは?始め方・やり方・稼ぎ方を解説
【超初心者向け】Web3.0始め方・やり方・稼ぎ方を解説

続きを見る

③4種類のアプリ

4種類のアプリ

①ブラウザアプリ
②デスクトップ アプリ
③チャットアプリ
④モバイルウォレット

①ブラウザアプリ

①ブラウザアプリ

DEXのプラットフォームで暗号資産のウォレットや交換の機能があります。

DEX(分散型取引所)・CEX(中央集権取引所)とは?


DEX(分散型取引所)は中央管理者を介さずにユーザー同士が直接取引でき、PancakeSwap・Uniswap・SushiSwapなどが該当する。

CEX(中央集権取引所)は中央組織が管理運営しており、コインチェック・ビットフライヤー・Binanceなどが該当する。

②デスクトップ アプリ

②デスクトップ アプリ

DEXのプラットフォームで暗号資産のウォレットや交換の機能があります。

③チャットアプリ

③チャットアプリ

暗号資産やNFTを保有するユーザーのチャットアプリです。

④モバイルウォレット

④モバイルウォレット

暗号資産やNFT用のモバイルウォレットです。

ōLand(オーランド)の将来性

ōLand(オーランド)の将来性

①複数のメディアに掲載
②既に30万人以上が登録

①複数のメディアに掲載

【9月14日まで無料】ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

coindeskやBloombergなど主要な暗号資産メディアに取り上げられています。

これもマーケティングが成功した理由の一つでしょう。

実際にBloombergの報道番組にも出演しています⇩

②既に30万人以上が登録

【9月14日まで無料】ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

ōLand(オーランド)はReveal(リビール)前にも関わらず既に30万人以上が登録しています。

これだけの注目度があれば主要なメタバースプラットフォームになる可能性もあるかと。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方


①メールアドレスの登録
②パスワードの設定
③ōLand(オーランド)の土地NFTをGET

①メールアドレスの登録

ōLand(オーランド)公式サイトにログインします。

「メールアドレス」を入力して「Get free ōLand」をクリック。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

②パスワードの設定

登録したメールアドレスに届いた「リンク」をクリック。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

「パスワード」を入力して「Submit」をクリック。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

③ōLand(オーランド)の土地NFTをGET

「Take me to my ōLand portal」をクリック。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

これで無料でōLand(オーランド)の土地NFTをGETできました。

ōLand(オーランド)の土地NFTのもらい方

ōLand(オーランド)のまとめ

本記事ではōLand(オーランド)の解説をしました。

今からōLand(オーランド)を始めていけば先行者利益を得ることができます。

この機会にōLand(オーランド)を始めてみて下さい。

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-NFT