【2022年最新】怪しい?クリプトモールの始め方を解説

NFT

【2022年最新】怪しい?クリプトモールの始め方を解説

クリプトモールの始め方を知りたいです。

JPYCを使ったクリプトモールの始め方を分かりやすく解説しています。

  • この記事を書いた人
    たなか
    たなか

    たなかのプロフィール

    • 【経歴】
      投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
    • 【保有資格】
      1級ファイナンシャル・プランニング技能士
      日本証券協会 一種外務員資格
    • 【お金の流儀の運営】
      初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信
      仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁の運用

      クリプトモールはハイブリッドNFTマーケットプレイスです。

      クリプトモールの特徴

      ①仮想通貨決済対応
      ②鑑定証明システム
      ③ハイブリッドNFTマーケットプレイス

      クリプトモール仮想通貨(JPYC)を使って購入するには国内取引所が必要になってきます。

      先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

      \最短5分で口座開設/

      無料でコインチェックの口座開設

      クリプトモール(cryptomall)とは?

      クリプトモール(cryptomall)の概要

      サービス名クリプトモール(cryptomall)official (公式)
      会社名cryptomall japan 株式会社
      事業開始2020年5月1日
      資本金3,000万円(資本準備金を含む)
      会員登録やサービス利用料無料
      決済方法クレジットカード・銀行振込・仮想通貨(JPYC)
      鑑定証明システム公式サイトhttps://cas.jp.crypto-mall.org
      クリプトモールマイニングhttps://mining.crypto-mall.org
      クリプトモール取引所https://exchange.crypto-mall.org
      クリプトモール公式Twitterhttps://twitter.com/cryptomallPR_JP
      クリプトモール公式Instagramhttps://www.instagram.com/cryptomall_jp/
      クリプトモール公式Facebookhttps://www.facebook.com/cryptomallprJP
      クリプトモール公式Telegramhttps://t.me/cryptomall_PR_Japan

      クリプトモールはハイブリッドNFTマーケットプレイスです。

      簡単に言うと、ブロックチェーン(NFT)と特許取得済みの「鑑定証明システム」によって真贋が100%担保された商品を購入できるショッピングサイトです。

      さらに、JPYCで商品を購入することができます。

      JPYC(JPY Coin)とは?

      JPYCはERC20規格で「1JPYC=1円」にペッグ(連動)されているステーブルコインです。

      クリプトモール(cryptomall)の運営元

      クリプトモール 怪しい
      「出典元:公式サイト

      クリプトモール(cryptomall)の運営元

      ・イェヴゲニア・クラツコ(CEO)
      ・カイドウ・へーブルソン(CSO)
      ・バンジー・フアン(CTO)
      ・ウェン・スー(cmo)
      ・ティム・チェン(marketing strategist)

      クリプトモール(cryptomall)の特徴

      クリプトモール(cryptomall)の特徴

      ①仮想通貨決済対応
      ②鑑定証明システム
      ③ハイブリッドNFTマーケットプレイス

      ①仮想通貨決済対応

      クリプトモールはJPYCで商品を購入することができます。

      現在はJPYCのみですが、今後も対応通貨が増える予定です。

      ②鑑定証明システム

      鑑定証明システムはブロックチェーン(NFT)を活用し「鑑定証明チップ」と「鑑定証明プラットフォーム」を組み合わせたシステムの総称です。

      このシステムによって商品の真贋が商品の二次流通でも100%担保できます。

      クリプトモール 鑑定証明システム

      鑑定証明チップは商品へ直接組み込む独自のICチップ等です。

      各商品に応じ「“超”極小ICチップ」、「はく離型ICチップ」、その他「ぜい質型ICチップ」等、多種多様な形状・様式が存在し、埋入、貼着、その他包含などの応用が可能。

      クリプトモール 鑑定証明システム

      鑑定証明プラットフォームは商品情報等をブロックチェーン(NFT)に記録するためのプラットフォームです。

      「鑑定証明プラットフォーム(R)」を利用し、「鑑定証明チップ(R)」と「ブロックチェーン(NFT)」へ商品情報、物流情報、その他購入者情報(個人情報は匿名化)などを記録することが可能。

      クリプトモール 鑑定証明システム

      TV番組での鑑定証明システムの特集動画はこちら⇩

      ③ハイブリッドNFTマーケットプレイス

      ハイブリッドNFTは「アナログNFT」と「デジタルNFT」を組み合わせたNFTです。

      アナログNFTは「鑑定証明チップ」を埋入、貼着、その他包含し「唯一無二の商品として特定を可能にすること」です。

      デジタルNFTはブロックチェーン上で発行される「その他真贋証明書付きのデジタルデータ」です。

      これら2つを承認させることにより、商品の真贋鑑定が可能です。(マルチシング認証)

      クリプトモール ハイブリッドNFTマーケットプレイス
      「出典元:公式サイト

      さらに、消費者が「クリプトモ―ル」で商品を購入すると同時に、当該商品画像を「NFT画像」に自動生成されます。

      自動生成された「NFT画像」には唯一無二の「QRコード」が付与されます。

      この「QRコード」(デジタルNFT)と「鑑定証明チップ」(アナログNFT)を「鑑定証明システム」スマートフォンアプリで認証して初めて真贋証明が成立します。(マルチシグ認証)。

      クリプトモール ハイブリッドNFTマーケットプレイス
      「出典元:公式サイト

      「cryptomallscan」(https://blockchain.crypto-mall.org/)により、すべての取引履歴を確認可能です。

      クリプトモール ハイブリッドNFTマーケットプレイス
      「出典元:公式サイト

      「鑑定証明システム」スマートフォンアプリはこちら⇩

      cryptomall authentication sys.
      cryptomall authentication sys.
      開発元:cryptomall japan k.k.
      無料
      posted withアプリーチ

      クリプトモール(cryptomall)の始め方

      クリプトモール(cryptomall)の始め方

      ①国内取引所の口座開設
      ②メタマスクの登録
      ③国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金
      ④イーサリアムでJPYCを購入
      ⑤クリプトモールの登録
      ⑥JPYCで好きな商品を購入する

      ①国内取引所の口座開設

      まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

      口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

      コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

      ②メタマスクの登録

      メタマスクの登録をします。

      メタマスクの登録方法はこちら>

      ③国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金

      国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金します。

      国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金する方法はこちら>

      ④イーサリアムでJPYCを購入

      JPYC公式サイトにメタマスクを接続してイーサリアムでJPYCを購入します。

      JPYC公式サイトはこちら>

      ⑤クリプトモールの登録

      クリプトモール公式サイトにログインします。

      クリプトモールの登録

      「【無料】新規会員登録はコチラ」をクリック。

      「Eメール」と「パスワード」を入力して「利用規約」に☑︎して「【無料】新規会員登録はコチラ」をクリック。

      クリプトモールの登録

      登録したメールアドレスに届いた「認証用URL」をクリック。

      「電話番号」を入力して「送信」をクリック。

      クリプトモールの登録

      「【無料】小冊子ダウンロードはコチラ」をクリック。

      これで商品を購入できます。

      クリプトモールの登録

      ⑥JPYCで好きな商品を購入する

      好きな商品を「カート追加」します。

      「注文手続き」をクリック。

      クリプトモールJPYCで好きな商品を購入する

      「配送先住所」を入力して「支払い方法」で「JPYC」を選択します。

      「注文を確定する」をクリックします。

      クリプトモール JPYCで好きな商品を購入する

      「決済用アドレス」or「決済用QRコード」にJPYCを送金します。

      支払い完了後に「お支払い完了確認」をクリック。

      クリプトモール JPYCで好きな商品を購入する

      クリプトモール(cryptomall)の良くある質問

      クリプトモール(cryptomall)の良くある質問


      ①登録費用は?
      ②注意事項は?
      ③クリプトモールは怪しい?

      ①クリプトモールの登録費用は?

      クリプトモールの会員登録やサービス利用料は完全無料です。

      無料でクリプトモールを登録する>

      ②クリプトモールの注意事項は?

      注意事項

      ・ご入金後のキャンセルは一切できません。
      (仮に、商品が偽物だった場合は「全額返金保証」および「1,000ユーロの慰謝料」が支払われます。)
      ・注文完了後、商品発送の準備に3~4日程度かかり、商品発送後から商品お届けまで5日程度かかります。
      ・輸入関税手数料込みの値段で商品を発送しているため、商品を受け取るときに追加で輸入関税手数料はかかりません。

      クリプトモールは怪しい?

      クリプトモール 鑑定証明システム
      「出典元:公式サイト

      資格
      ・特許取得済み「鑑定証明システム(R)」(JP:第6894033号、EP:3926568、US:2021-0390557 A1)
      ・古物商許可証番号
      許可公安委員会:東京都公安委員会
      許可番号:第 301122217044 号
      ・情報マネジメントシステム認定センター(ISMS)
      認証登録番号:GIJP-0390-IC

      【所属団体】
      ・一般社団法人 日本エストニア商工協会(jecc)の筆頭協賛企業へ就任
      ・一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA):準会員
      ・一般社団法人 Japan Contents Blockchain Initiative(JCBI):会員企業
      ・一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 (JBA):正会員
      ・一般社団法人 DeFi協会 (JDA):正会員

      クリプトモールの資格や所属団体を見ると怪しいどころか、かなり優良企業だと言えます。

      特に、特許取得済み「鑑定証明システム」は以下の5つのメリットがあり導入する企業も増えていくでしょう。

      鑑定証明システムの企業導入メリット

      ①「ニセモノ・パクリ商品」を 100%排除
      ②商品情報、物流情報、その他購入者情報等を透明化
      ③24 時間 365 日、スマートフォン等からカンタン鑑定
      ④GPS 付き「鑑定証明チップ(R)」が盗難抑止力に
      ⑤新たなブロックチェーン開発コストは一切不要

      クリプトモール(cryptomall)のまとめ

      本記事ではクリプトモールの解説をしました。

      今からクリプトモールを始めていけば先行者利益を得ることができます。

      この機会にクリプトモールを始めてみて下さい。

      \最短5分で口座開設/

      無料でコインチェックの口座開設

      コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
      【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

      続きを見る

      暗号資産の送金手数料無料のGMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
      【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

      続きを見る

      僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
      【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

      続きを見る

      • この記事を書いた人

      たなか


      【経歴】
      投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
      【保有資格】
      1級ファイナンシャル・プランニング技能士
      日本証券協会 一種外務員資格
      【お金の流儀の運営】
      初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信
      仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁の運用

      -NFT