NFTマーケットプレイスのFoundationとは?

NFT

【2022年最新】NFTマーケットプレイスのFoundationとは?

Foundationの最新情報が知りたいです。

2022年最新のFoundationの解説をします。

  • この記事を書いた人
    たなか
    たなか

    たなかのプロフィール

    • 【経歴】
      投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
    • 【保有資格】
      1級ファイナンシャル・プランニング技能士
      日本証券協会 一種外務員資格
    • 【お金の流儀の運営】
      初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信
      仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁の運用

      Foundationはオークション制のマーケットプレシスです。

      Foundationのメリット

      ①招待制廃止
      ②海外投資家に売れる
      ③ポートフォリオを公開できる

      Foundationで取引するにはには国内取引所が必要になってきます。

      先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

      \最短5分で口座開設/

      無料でコインチェックの口座開設

      Foundation(ファンデーション)とは?

      NFTマーケットプレイスのFoundationとは?

      Foundation(ファンデーション)の概要

      公式サイトhttps://foundation.app/
      リリース日2020年5月27日
      対応OSiOS・Android
      ブロックチェーンイーサリアム
      公式Twitterhttps://twitter.com/foundation
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/withfoundation/

      Foundationはオークション制のマーケットプレイスです。

      Foundation(ファンデーション)のデメリット

      【Foundation(ファンデーション)のデメリット】
      販売手数料が高い

      マーケットプレイス販売手数料
      OpenSea2.5%
      CoincheckNFT10%
      Foundation15%

      Foundationの販売手数料15%は他のマーケットプレイスと比較してもかなり高いです。

      販売手数料が安いOpenSeaはこちら⇩

      Foundation(ファンデーション)のメリット

      【Foundation(ファンデーション)のメリット】
      ①招待制廃止
      ②海外投資家に売れる
      ③ポートフォリオを公開できる

      ①招待制廃止

      Foundation(ファンデーション) 招待制廃止
      「出典元:Twitter

      Foundationの招待制は2022年5月19日に廃止され、現在は誰でもNFTの売買ができるマーケットプレイスです。

      これは賛否両論を生む大きな変更です。

      招待制が無くなったことで、Foundationのクリエイターから招待を貰わなくて良くなったのは単純に便利です。

      逆に招待制が無くなったことで、出品者が増えて競合が増えたり低品質の作品が増えたりする懸念があります。

      ②海外投資家に売れる

      Foundationは海外投資家が多く資金力も高いためOpenSeaよりも高く売れる可能性があります。

      また、Foundationで出品すればOpenSeaにも出品できる機能があるため便利です。

      ③ポートフォリオを公開できる

      Foundationにはポートフォリオを公開できる機能があります。

      これは他のNFTマーケットプレイスにない特徴と言えます。

      Foundation(ファンデーション)の初め方

      Foundationの始め方

      ①国内取引所の口座開設
      ②メタマスクの登録
      ③国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金
      ④Foundationの登録

      ①国内取引所の口座開設

      まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

      口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

      コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

      ②メタマスクの登録

      メタマスクの登録をします。
      ネットワークはイーサリアムです。

      メタマスクの登録方法はこちら>

      ③国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金

      国内取引所でイーサリアムを買ってメタマスクに送金します。

      コインチェックでイーサリアムを買ってメタマスクに送金する方法はこちら>

      ④Foundationの登録

      Foundation公式サイトにログインします。
      「ConnectWallet」をクリック。

      「MetaMask」をクリックして接続します。

      Foundation(ファンデーション)の初め方

      Createの左の「○」をクリックして、「Profile」をクリック。

      「Editt profile」をクリック。

      Foundation(ファンデーション)の初め方

      「Verify via Twitter」をクリック。

      「Post Tweet」をクリック。

      Foundation(ファンデーション)の初め方

      Twitterをしてツイートしたリンクをコピーして「Tweet URL」にペーストして「Confilm」をクリック。

      ☑︎マークが入っていれば認証完了です。

      Foundation(ファンデーション)の初め方

      Foundation(ファンデーション)の使い方

      Foundationの使い方

      ①Foundation(ファンデーション)の購入方法
      ②Foundation(ファンデーション)の出品方法

      ①Foundation(ファンデーション)の購入方法

      Foundationのマーケットプレイスで購入したいNFTの「Place bid 」をクリック。

      Foundation(ファンデーション)の購入方法

      Foundationはオークション制なので入札したい金額を入力します。 
      Available Balanceが現在の入札金額なので、それ以上の価格を提示しなければなりません。
      入力したら「Place bid」をクリックして入札します。

      Foundation(ファンデーション)の購入方法

      ②Foundation(ファンデーション)の出品方法

      「Create」をクリック。

      Foundation(ファンデーション)の出品方法

      「Collection Name」を入力
      「Collection Symbol」を入力
      「Continue」をクリック。

      Foundation(ファンデーション)の出品方法

      追記していきます。

      Foundation(ファンデーション)のまとめ

      本記事ではFoundationの解説をしました。

      今からFoundationを始めていけば先行者利益を得ることができます。

      この機会にFoundationを始めてみて下さい。

      \最短5分で口座開設/

      無料でコインチェックの口座開設

      コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
      【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

      続きを見る

      暗号資産の送金手数料無料のGMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
      【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

      続きを見る

      僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

      合わせて読みたい
      【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
      【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

      続きを見る

      • この記事を書いた人

      たなか


      【経歴】
      投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
      【保有資格】
      1級ファイナンシャル・プランニング技能士
      日本証券協会 一種外務員資格
      【お金の流儀の運営】
      初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信
      仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁の運用

      -NFT