仮想通貨 始め方

仮想通貨(暗号資産)

【初心者向け】仮想通貨の始め方・やり方を解説

これから仮想通貨を始めるならどんな方法がおすすめですか?

NFT・DeFiなどにも興味があります。

暗号資産やNFT・DeFi等はまだまだこれから発展していく分野です。

今から始めれば十分に利益を生むことができるでしょう。

この記事を書いている僕は「投資歴10年目・仮想通貨歴5年目・DeFi7桁運用中」です。
上記の経験を元に について分かりやすく解説していきます。

「仮想通貨」や「ブロックチェーン」という言葉が浸透していても、正しく理解している人は少ない印象があります。

暗号通貨とは?

『不正や偽造が困難な技術(ブロックチェーン)を用いて発行された通貨』という意味です。

海外では暗号通貨(cryptocurrency)の呼称が一般的です。

日本では「仮想通貨」という呼称が一般化しています。

日本政府の呼称は暗号資産です。

そのため、当ブログでも表記は「暗号資産」に統一しています。

暗号資産はまだまだ普及していない投資先というわけです。理由は以下のツイートの通りです⇩

松浦勝人 仮想通貨

そんなまだまだ発展途上の暗号資産ですが、2022年現在は2カ国がビットコインを法定通貨に採用しています⇩

ビットコインを法定通貨にした国と時期


①2021年9月7日エルサルバドル
②2022年4月27日中央アフリカ
③🆕

なぜ世界基軸通貨の米ドルではなく、ビットコインが採用されていくんですか?

新興国などの貧困層の4人に3人は銀行口座を持てない実情があるからです。

その点ビットコインであればスマホとネットがあれば誰でも簡単に送金コストも安いです。

そのため、銀行口座を持てない人にも金融サービスを提供できるのです。

さらに、新興国のローカル通貨はいつ国家破産(デフォルト)して紙切れになるかもわからないので、ビットコインはインフレヘッジとしても需要があります。

仮想通貨を始めるには国内取引所が必要になってきます。

先に全取扱通貨が500円から購入可能なコインチェックで口座開設〜入金まで済ませておきましょう。

\最短5分で口座開設/

無料でコインチェックの口座開設

仮想通貨の始め方・やり方・稼ぎ方

仮想通貨 始め方

本記事では初心者向けに『初級編⇨中級編⇨上級編』とロードマップで解説しています。

暗号資産初めての方は、紹介している順番通りに進めるのがおすすめです。

「暗号資産は難しいからやめる」とならないようこの記事ではフォローしていきます。

仮想通貨の始め方ロードマップ】
1STEP進む毎に戻ってきて復習していってください⇩

初級編

・暗号資産を無料でもらう方法
・おすすめの暗号資産取引所
・おすすめの通貨

中級編

・暗号資産の積立投資
・暗号資産✖️ブログで稼ぐ

上級編

・DeFiで増やす
・NFTを始める

これから追記もしていくので、ブックマーク推奨です!

【初級編】仮想通貨を無料でもらう方法

仮想通貨 無料

ビッコレ

暗号資産には興味があるんですけど、いきなり自己資金で買うには抵抗があります…

まずは無料でビットコインをもらってみませんか?

ビッコレ は国内で数少ない報酬がビットコインでもらるポイントサイトです。

ビッコレがおすすめの人

・ビットコインを無料でGETしたい
・ポイ活で手軽にビットコインをGETしたい
・ビッコレ経由の買い物で(1~30%)のビットコインをGETしたい

ビッコレの評判や口コミはこちら⇩

合わせて読みたい
ビッコレ
【2022年最新】ビッコレは本当に安全なアプリ?評判や口コミを徹底検証

続きを見る

Sweatcoin(スウェットコイン)

いきなりSTEPNでNFTの靴に15万円も払って始めるのに抵抗があります。

おすすめの〇〇 to earnはありますか?

歩いて稼ぐならSweatcoin、寝て稼ぐならSleep Futureです。

Sweatcoinは2022年夏に上場予定で歩くだけで無料でSweatトークンが稼げるゲームです。

合わせて読みたい
仮想通貨 Sweatcoin
歩いて仮想通貨を稼ぐSweatcoin(スウェットコイン)とは?やり方・設定方法を解説

続きを見る

Sleep Futureは2022年9月にベータ版・12月にアプリがリリースされる寝るだけでSLEEPEEが稼げるゲームです。

合わせて読みたい
寝て仮想通貨を稼ぐアプリSleep Futureとは?始め方・稼ぎ方を解説
【今からできる】寝て仮想通貨を稼ぐアプリSleep Futureの始め方や稼ぎ方を解説

続きを見る

【初級編】おすすめの仮想通貨取引所

暗号資産取引所 おすすめ

暗号資産を買ったことがありません。

初めて暗号資産取引をするのに、おすすめの取引所を教えてください!

暗号資産取引所は、それぞれ個性があります!

用途によっていくつか取引所を持っておくことがも重要です。

複数取引所を開設するメリット】
①取引所によって取り扱い銘柄が異なるため、暗号資産の分散投資ができる
②暗号資産取引所の閉鎖やハッキングのリスク分散
③メンテナンス等のシステムによる機械損失を避けれる

複数取引所を開設するデメリット】
複数登録するのが手間で管理も大変

①取引所によって取り扱い銘柄が異なるため、暗号資産の分散投資ができる

日本の取引所では時価総額総額上位10通貨すら購入できません。

海外の取引所では、国内よりも多くの暗号資産を取り扱っています。

GMOコイン
(国内)
BINANCE
(海外)
取り扱い通貨数22種類300種類以上

②暗号資産取引所の閉鎖やハッキングのリスク分散

取引所において最大のリスクは『ハッキング』による、資産の流出です。

取引所での対策としては、独自のセキュリティー対策やコールドウォレットを活用しています!

個人でできる対策として、『取引所の分散』が挙げられます。

取引所がハッキングなどの攻撃を受けた時、一時閉鎖や取引ができなくなるリスクがあります。

こういった理由からも、複数の取引所の口座開設しておくことも重要なのです!

③メンテナンス等のシステムによる機械損失を避けれる

取引所の取引はネットを介しているために通信トラブルが想定されます。

頻繁に起きることではありません。

もしトラブルが起きた時に、一つの取引所しか所有していないと取引自体ができないことになります。

そういったタイミングに投資の機会損失をしたら、もったいないです!

複数口座を持っていれば、そういったことを避けられます。

ここからはおすすめの日本と海外の取引所をご紹介します。

国内取引所

・GMOコイン

海外取引所

・Binance

国内取引所

まずはコインチェック公式サイトにログインして口座開設します。(最短5分で口座開設できます)

口座開設完了後に「ウォレット」をクリック⇨「日本円」をクリック⇨「入金」をクリック⇨「銀行入金」で入金します。

コインチェック(Coincheck) ビットコイン 買う 送金

Binance

BINANCE

海外暗号資産取引所を初めて開設する人には取引高世界1位のBinanceがおすすめです。

合わせて読みたい
バイナンス 口座開設方法
【最短5分】Binanceの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

【初級編】おすすめの通貨

BTC ETH

コインチェックとBinanceの口座開設と入金できました。

どの暗号資産を買うのがおすすめですか?

ビットコインとイーサリアムです。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは2030年までに1億円以上になるんですか?

2022年現在多くの機関投資家(大口法人投資家)や富裕層が「2030年までに1BTC=1億円以上」と予測しています。

ビットコインの価格予想

①アーク・インベストメント・マネジメントは2030年までに約1億1000万円を超えと予想
②planBは2030年までに約1.2億円を超えと予想
③ピーターティールは現在の価格から100倍の約5.6億円と予想

ビットコインが2030年までに1億円になる推測されているのは勘ではなく計算に基づいた根拠があります。

ビットコインの価格試算

①金説=7000万
②世界基軸通貨説=1億2956万
③米ドル説=1億円

ちなみに、このビットコインの算出方法は「積み立てビットコイン」を始めなさいを参考に試算しています。

この本は☆4でレビューも150件以上あり大好評です⇩

「積み立てビットコイン」を始めなさい

なぜビットコインの将来価格は2030年までに1億円になるのか?詳細はこちら⇩

合わせて読みたい
【初心者必見】なぜビットコインの将来価格は2030年までに1億円になるのか?
【初心者必見】なぜビットコインの将来価格は2030年までに1億円になるのか?

続きを見る

イーサリアム(ETH)

ビットコインの価格が1億円になるなら、イーサリアムの将来価格はいくらになるんですか?

イーサリアムは将来1530万円になる可能性が高いです。

キャシー・ウッド氏が率いるARKインベストの新しいレポートでは、イーサリアムの価格が「2032年までに1ETH=17万ドル~18万ドルになる」と試算しています⇩

なぜイーサリアムの将来価格は1000万になるのか?詳細はこちら⇩

合わせて読みたい
【初心者必見】なぜイーサリアムの将来価格は1000万になるのか?
【初心者必見】なぜイーサリアムの将来価格は1000万になるのか?

続きを見る

【中級編】仮想通貨の積立投資

おすすめ 通貨

ビットコインの価値は理解できたので、なるべく安い価格でビットコインを買いたいです。

何か良い投資方法はないですか?

投資初心者がビットコイン投資を始める場合は一括投資ではなく、ドルコスト平均法で積立投資していくのが望ましいです。

ドルコスト平均法とは?

一括で購入せず、資金を分割して毎月一定金額で継続して投資する方法。

①長期的に右肩上がりに価格が上がる
②ボラティリティーが大きい

上記の条件に当てはまる金融商品なら平均取得単価を下げることができる。

コインチェックの積立のやり方はこちら⇩

合わせて読みたい
コインチェック つみたて やり方
コインチェックの積立のやり方・メリット・デメリットを解説

続きを見る

【中級編】仮想通貨ブログで稼ぐ

暗号資産 ブログ

ビットコインとイーサリアムを買ってみました。

仮想通貨ブログで初月から1万円稼げるんですか?

僕はブログを完全初心者の状態から始めて初月から1万円稼げました。

口座開設 1万円

仮想通貨ブログにチャレンジしたい方はこちら⇩

合わせて読みたい
仮想通貨 ブログ 始め方
【初月1万円達成】初心者のための仮想通貨ブログの始め方

続きを見る

【上級編】DeFiで増やす

暗号資産 積立

ビットコインやイーサリアムは長期保有(ガチホ)がいいと教えてもらいましたが、もっと効率的に増やす方法ありませんか?

それなら、DeFiがおすすめです!

DeFi入門にはBitLendingのレンディングがおすすめです。

Bit Lendingは2022年2月22日に始まった新しいレンディングサービスで現在は″先行版″です。

僕が身銭を切って「2022年3月25日0.2BTC」と「5月23日に0.2BTC」の合計『0.4BTC=約200万円』(1BTC=500万円)貸出ししたので、BitLendingの評判や口コミを最速レビューしてます。

BitLending(ビットレンディング) レポート

DeFi(分散型金融)・CeFi(中央集権型金融)とは?


DeFi(分散型金融)は中央管理者のいない暗号資産やブロックチェーンを利用した金融アプリケーションの総称で、PancakeSwap・Uniswap・SushiSwapなどが該当する。

CeFi(中央集権型金融)は金融機関(銀行・保険・取引所)のような中央管理者が管理する金融サービスの総称で、コインチェック・Binance・BitLendingなどが該当する。

レンディングとは?

一定数の暗号資産をBitLendingに貸し付けることで、一定の料率で計算した貸借料を暗号資産でもらう消費貸借取引サービス。
期間満了後に『元本+貸借料』償還される仕組みです。

合わせて読みたい
仮想通貨 DeFi 始め方
【2022年最新】仮想通貨DeFiとは?始め方・やり方・稼ぎ方をわかりやすく解説

続きを見る

コインチェックのレンディングは...

コインチェック レンディング
2022年現在

まず、2022年5月現在は「14日間 年利1%」or「30日間 年利2%」しか受付されていません。

受付が再開しても申請が殺到して承認されない可能性が高いです。

実際にコインチェックのレンディングの口コミを調べてみても承認されてません。
そして、1%は2週間くらいで承認されたのに2%は3週間以上たっても承認されてません。

コインチェックのレンディングが承認されない
コインチェックのレンディングが承認されない

コインチェックは実質「14日間の年利1%」ですが、ビットレンディングは8倍の「年利8%」です。

そして、暗号資産のガチホはもったいないのでレンディング先としてはBit Lending国内で年利が1番高くておすすめです。

ちなみに、コインチェック年利は「5%(現在は1%と2%のみ受付中)」でGMOコイン・ビットバンクは「3%」です。

Bit Lendingの詳細と評判や口コミはこちら>

【上級編】NFTを始める

NFT BAYC

NFTって今話題ですよね!

興味があるのですが、どうやったらいいんですか?

NFTの始め方は主に3種類あり、「NFTを買う」「NFTを売る」「NFTを転売する」です。

自分の適性をチェックしてみましょう!

NFT適正 検査チャート

NFTを一度買ってみるとどんな世界観などがわかると思います。

NFTの始め方はこちら⇩

合わせて読みたい
NFT 始め方 クリプトパンクス
【2022年最新】NFTとは?始め方・やり方・稼ぎ方をわかりやすく解説

続きを見る

まとめ

行動

この記事は日々更新するのでブックマークしておいて何度も読んでみて下さい。

暗号資産には、こんなにも可能性があったんですね!

どれから始めようか迷います…

それなら、まずはコインチェックで口座開設と入金をしてビットコインを買ってみることです。

2022年6月からビットコインは大幅に下がっており、大バーゲンセール中なのでチャンスです。

【人皆西に行けば東に行け】
相場の神様 本間宗久翁の言葉で別の言い方をすると、「悲観で買い、楽観で売れ」ということです。
マーケットが下落して多くの人が悲観になり、怖くなっている時に買って、マーケットが上昇して多くの人が楽観的になり、ワクワクしている状態時に売りなさいということです。

ビットコインの現在価格⇩

あなたは5年後の2027年や10年後の2032年の”1BTC=いくら”になると思いますか?

そして、コインチェックの口座開設〜入金方法まで画像付きの解説が必要な方はこちら⇩

合わせて読みたい
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説
【最短5分】コインチェックの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

GMOコインと他社取引所を比較した記事はこちら⇩

合わせて読みたい
【送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説
【暗号資産の送金手数料無料】GMOコインの口座開設方法を3ステップで解説

続きを見る

僕がBit Lendingで200万円分のビットコインを年利8%でレンディングしている体験談はこちら⇩

合わせて読みたい
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判や口コミは?
【200万円貸出し】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?評判は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

たなか

投資歴 (10年目)仮想通貨歴(5年目)
初心者向けに仮想通貨(暗号資産)・DeFi・NFT・お金・ブログの情報発信してます。
仮想通貨やDeFi(レンディング)で7桁運用し運用レポート公開中!

-仮想通貨(暗号資産)